とっても優しくてビビリ〜なティムと 甘ったれで怒りん坊なタムのささやかな幸せ日記・・・ かわいい
  

2011年01月28日

復活までの日々

思い起こせばあれは秋

9月の中旬におしっこの最後の一滴2滴のピンクから始まった。


すぐにかかりつけの獣医さんへ連れて行き診察してもらった。

診断は膀胱炎
1週間分の薬と食事療法を併用でヒルズのPHコントロールを貰って
過ごすと、2,3日で改善
その後経過観察するが、血尿は見られず・・・


10月後半

またしても

でも、おしっこ自体がピンクではなく今回も最後の方にピンク

診断結果は膀胱炎

今回も1週間分の薬

食事は前回から食べ続けているPHコントロール
しかし今回は治まらなくて、薬を変えてもう1週間して血液反応がなくなった。

この頃エコーレントゲンも・・・なんて考え始めていた。


昨年、お友だちがやっぱり血尿から膀胱結石の手術をしているからだった。

でも我が家の行っている病院は、昔からの獣医さんで設備的にはexclamation&question

なんとなく先生に尋ねる事も気が引けていた。

その後11月になって、血尿は見られなかったが、おしっこに行っても
時にはポタポタしか出なかったり、何度もトイレに行ったり来たりするので
違う病院で診察をしてもらった。


エコー検査レントゲンの結果、膀胱に石があることが判明

今までの経過を推測するに、食事では溶けないシュウ酸結石だろうと
言うことでした。


ストロバイト結石は食事療法でも溶けるんだけど、シュウ酸結石は
溶けないので大きさにもよりますが手術しかないんです。
顔(え〜ん)


もちろん、すぐに手術をすることに気持ちはきまっていたんですが
パパに報告もしないとだし・・・

取りあえず見積もりをしてもらったら

15万円

お友だちは8万円位だったのに〜

結局、少し我が家からは遠いけどお友だちの行っていた病院で手術していただきました。


術後は、尿道にカテーテルをしばらく刺したままでオムツ生活ですが
共働きの我が家では留守番が長いため心配もあるので2泊でいい入院を5日にして頂きました。

先生の所なら安心して仕事してられるしひらめき


見積もりは87,000円位とのことでした。



ここでアクシデント


今回の手術の手順下


1. 膀胱にカテーテルを入れ、溜まっているおしっこを出し切る

2. 膀胱を開き石の採取



ガガーン


先生もビックリ


まず、カテーテルが入らない


つまり、尿道にも石があったんです。

ここで水圧で膀胱に戻す処置をしたけどびくともせず、結局カテーテルに
ゼリー状のものを塗ってグリグリクルクルしてやっと戻ったそうです。


その後通常の手順で手術終了

アクシデントの為、手術時間も通常より2時間ほど長く掛かり
費用も1万円増しになりましたが一安心


しかし、グリギリクルクルで膀胱は傷だらけのはずで犬(泣)

今度はその傷の癒着が心配とのこと

そのため、通常のティムサイズのカテーテルよりも太いカテーテル
術後は使用したそうです。


退院後の傷口は

110126no1.jpg


110126no9.JPG



取れた石は、ゴツゴツでした。

110126no10.JPG

お友だちの時の石はストロバイトだったのか、まん丸でした。




手術は無事に成功しましたが、太いカテーテルでユルユルになったのか
頻尿が長引いちゃって顔(なに〜)


1分・3分・・・また〜なんて調子でトイレから離れられず犬(泣)
しかも、尿意だけで出ないのがほとんど・・・

見ていて可哀想な日々を送っておりましたが、やっと良くなりました犬(笑)


今回のことで、まめに尿検査をしてケアしてあげないとな〜って
思いました。

皆さんには色々ご心配・応援して頂きありがとうございました。m(_ _)m




あっ  誰exclamation&question

ティム君の・・・ちっちゃあせあせ(飛び散る汗)なんて言ったの〜



そこじゃないでしょー見るのは(爆)




ニックネーム rinrin at 20:59| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ママさん・パパさん大変でしたね。。。
何よりTIMくん本当よく頑張ったね。
ようやく術後もよくなってきてるみたいですね。
遠くから応援していますよ。
辛いことなのに記事にしてくれてありがとうございます。

そして改めて尿検査の大切さわかりました。
あと病院選びの大切さも。。。
新しい病院にしようかと悩んでるところなんです。
Posted by KURUMImama at 2011年01月29日 06:54
KURUMImamaさんへ

今回のことで病院選びの難しさと、気になったときには早めの検査の大事さを痛感しました。

今まで行っていた病院の先生も、具合の
悪いときは夜中でもおいでって行ってくだsる良い先生なんですよexclamation

だから、予防注射などはお世話になりますが
検査は手術していただいた病院に行こうと
思います。

心配していただいてありがとうございます。
また一緒に遊んで下さいね犬(笑)るんるん
Posted by rinrin at 2011年01月29日 21:38
ティムちゃん、大変だったのですね。
でも、無事に手術も終わり、良かったです。
傷跡が痛々しいですたらーっ(汗)
ティムちゃん、頑張りました犬(笑)

・・・セカンドオピニオンはとても大事だと
思います。ウチも過去に辛い経験をしたことがあります。
ワンコは口が聞けないから、飼い主の早い判断が重要ですよねグッド(上向き矢印)
今回は「れおんくんの会」には、来られないようで・・・残念です。
また、違う機会にお会い出来ればいいですね〜黒ハート
Posted by メルママ at 2011年02月01日 10:26
ティム君、びっくりしちゃいました犬(泣)
でも、今は元気になって本当に良かったです犬(笑)

ワンコもセカンドオピニオン大事ですよね。
今までお世話になっているからと言う考えは・・・うちも不信感をもって変えちゃいました。
タムちゃんもおにいちゃんがいなくて寂しかったでしょうね。
Posted by ナナママ at 2011年02月01日 12:53
ティム君大変でしたね。。
パパさんママさんも心配でしたね(><)
最近お友達の所で元気そうな姿を
見たので良かったです!
我が家はまだ尿検査をしたことがないので
そろそろ1度検査をしようかな。。

近々元気なティム君に会えるかと思いきや・・
あら、残念。。。だったのですね(^^;)
↑candyちゃんのところで読みました(笑))
また公園でお会いできるといいですね〜(^^)
Posted by Umi-chi at 2011年02月01日 16:43
メルママさんへ

傷跡もすっかり判らなくなりましたよexclamation
すっかり元気に遊んでいます。

病院選びって本当に難しいなって思いました。
今までが予防注射とワクチンくらいしか
行ってなかったので顔(汗)

また遠征しますから、宜しくお願いしま〜すわーい(嬉しい顔)
Posted by rinrin at 2011年02月02日 08:28
ナナママさんへ

今回のことで病院の選び方、使い分け
を考えさせられました。

気持ちとしては今までの先生に後ろめたい
感じはあるのですが顔(汗)

何よりもティムとタムの身体を一番に考えたいと思います。

ナナママも病院を変えたんですかexclamation&question

何かきっかけがあったのかなひらめき

何時までも元気でいて欲しいですもんね犬(笑)
Posted by rinrin at 2011年02月02日 08:41
こんにちは
ティム君、大変だったんですね
傷跡が痛々しい・・・
でも、ずいぶん回復したようで、良かったです
もう安心ですね

シュナは結石になりやすいと聞いたことがありますが
うちのにらは外でしかおしっこしないので
血尿に気づき難いのではと心配していました
ご飯を残したりとか、お腹が痛そうにうずくまるとか
そういう様子は見られましたか?
何か気づいたことがあったら、教えてください

お大事に!
Posted by ずん at 2011年02月02日 14:29
Umi-chi さんへ

お陰様で今はすっかり元気です。
元気になったし、またcandy公園の
お友だちに会いたくって行く気満々
だったんだけど・・・

せっかちの私は良く日にちを確かめてなかったんですよね(^^;)
残念だ〜顔(え〜ん)

また遊びに行きますからHello

ロングリードもちゃんと用意しましたからGood

Posted by rinrin at 2011年02月02日 21:58
ずんさんへ
我が家はお家でトイレ派なので
トイレシートが検査薬かな!

初めは血尿
次は頻尿・・チョビットしか出ないオシッコ
でした顔(汗)

下痢もしないし、食欲も変化無しexclamation

今回の事でタムも検査してみました。
特に兆候はみれないけど、念のため
にと思ってexclamation

結果は・・・オシッコにストロバイトの結晶がみられお薬とPHコントロールの食事に変えました。

目で見える前に発見できて良かった
と思います。

にら君も時々検査した方が良いですよひらめき

女の子より男の子の方が尿道が細いので結石が流れにくいんですってあせあせ(飛び散る汗)
Posted by rinrin at 2011年02月02日 22:09
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/2539049
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック